山村王について

ここで時代は奈良時代となるが、用明天皇の子、聖徳太子の弟で新羅征討軍の将軍となり、九州で亡くなった来目皇子の子孫である山村王について記す。山村王が表舞台に登場するのは「恵美押勝の乱」である。「恵美押勝」とは藤原仲麻呂のことで、大化改新のクーデターで活躍した中臣鎌足の曾孫にあたる。祖父は藤原不比等、父は藤原武智麻呂である。祖父の不比等は持統朝から元正朝で律令制の構築に尽力をつくした人物。その長子が武智麻呂で、仲麻呂はその次男である。

仲麻呂はその才能が豊かで、聖武天皇の頃より才覚を表し、聖武天皇の皇后の光明皇后の庇護のもと勢力を拡大。聖武天皇から孝謙女帝に変わると皇后府を紫微中台と改めそこの長官に就任し、光明太皇后の権威を背景に政権の中心的人物にのし上がった。孝謙女帝は天皇といえども母親の光明太皇后に従うばかりでいわば光明太皇后と仲麻呂のロボットだった。

仲麻呂はその後、孝謙天皇を退位させ自身の息のかっかた大炊王を淳仁天皇として即位させる。この頃から孝謙上皇も仲麻呂のやり方に異議を唱えるようになり(淳仁天皇の父・舎人親王への天皇号の追贈及び兄弟の親王号授与に反対している)、やがて母・光明太皇后が没し、道鏡があらわれるに及んで仲麻呂との確執は決定的になる。

ここにおいて孝謙上皇と藤原仲麻呂は衝突したわけだが、その発端が孝謙上皇による淳仁天皇の元にあった駅鈴と内印の奪回である。この使者に選ばれたのが山村王であった。

既に両陣営の緊張は極度に高まっており、この役目そのものが戦闘を招きかねない行為、いやその戦闘を引き起こすねらいの行為であった。そのために駅鈴と内印の回収作業は最も危険が伴うわけで、仲麻呂側に殺害されてもおかしくはない立場にある。この緊迫した描写は、黒岩重吾氏がその小説「道鏡」において記されているが、山村王があえてそういう役目を引き受けたのには彼の置かれた立場があったであろう。

幸い、彼は殺されることもなくその役目を達成し、藤原仲麻呂は反逆者として討ち取られる。山村王はこの功績で、いっきに正五位下の位から従三位へと6階級も特進する。従三位の地位となれば貴族の中でも何人もいるわけではなく、高級貴族の仲間入りをしたのである。

王などと言っても、古い時代に皇室から別れた王は、藤原氏と違って無位無官で終わる者も多くあった時代。これだけ古い時代の王が従三位にまで昇った例はないと言える。

この結果、山村王は「公卿補任」に記されることとなったがその「公卿補任」の注にはこう書いてある。

「久米王の後なりと云う。子と云うは不審。用明帝が崩じてから178年。久米王が薨じたのは推古11年。その年から今まで162年経っている。按ずるに山村王は養老6年生まれ。久米王薨去後120年も経っている」

これは後裔を子と勘違いした注だと思われるが、それにしても勘違いするほどに彼の素性は知られていなかったことがわかる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 塚穴古墳(来目皇子の墓?)

    Excerpt:  19日、来目皇子の墓とされている塚穴古墳(つかあなこふん。大阪府羽曳野市)の墳丘に大規模な外堤(テラス)があることが確認された。  墓域は約100m四方に拡大し、来目皇子の権威の大きさが裏付けられ.. Weblog: 古今チップス racked: 2006-01-20 11:11
  • Gaurenteed approval payday loans with no faxing.

    Excerpt: Online payday loans. Payday loans. Same day payday loans. No fax payday loans. Weblog: Payday loans. racked: 2008-04-03 17:33